記事一覧

アーカイブアイテムに特化した新しいEC「OR NOT」が公開、シュプリームのイベントも

アップロードファイル 4-1.jpgアップロードファイル 4-2.jpgアップロードファイル 4-3.jpgアップロードファイル 4-4.jpg

デザイナーズブランドのアーカイブアイテムを中心に集めたECプラットフォーム「オアノット(OR NOT)」が、1月4日の今日公開された。1月11日からアイテムの販売を開始する。

 オアノットは、過去に発表されたデザイナーズブランドのアイテム、すなわち「アーカイブ」の人気の高まりや、取り扱いの丁寧さや確かな真贋判定で海外からも評価されている日本のブランド古着に着目。これまで多くのフリマアプリやECサイトではファストファッションからラグジュアリーまでがひとつのプラットフォームで販売されていたのに対し、オアノットはデザイナーズブランドに特化したECサイトとして楽天出身者が中心に立ち上げた会社LOOPが運営する。

 アイテムは「リンカン(RINKAN)」などのブランド古着店のほか自社で買い付けたものを展開。サイトローンチ時には約550ブランドの約5万点を取り揃え、常時30万点の掲載を目指す。流通総額は初年度10億円、5年で100億円が目標。日本語、英語、中国語、韓国語の多言語、多通貨対応で、アジアをはじめリとした海外への発送にも対応する。

 サイト内ではローンチに合わせファッションディレクターの小木"Poggy"基史に加え、「サルバム(sulvam)」デザイナーの藤田哲平へのインタビューや、スタイリスト髙田勇人によるアーカイブを用いたスタイリングを公開。今後も同様のオリジナルコンテンツを提供するほか、著名人の私物出品や、特定のブランドにフォーカスしたイベントの不定期開催も予定する。

 1月10日までに事前登録を行った会員は、サイト内で開催される「シュプリーム(Supreme)」にフォーカスしたオープニングイベントに優先的に参加が可能。同イベントでは、シュプリームの歴代の名作をはじめとするアーカイブアイテムを取り揃える。

ネクタイの上質なアイテムを選んで好印象に

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpgアップロードファイル 3-5.jpg

スーツを着用するときにネクタイは欠かせないアイテムです。男性にとってはビジネスシーンで着用する数少ないアクセサリーのひとつ。しかも、腕時計などと違ってVゾーンという目をひく箇所に着用するモノなので、相手の印象に強く残るアイテムといえます。それだけにネクタイは慎重に選びたいものです。

そこで今回は、日本と海外のネクタイの高級ブランドをご紹介します。上質なアイテムを取り入れて印象アップに繋げましょう。
高級ブランドのネクタイは1本で10万円以上するモノもあり、スーツより高価という場合も少なくありません。一方で、1,000円以下で購入できる格安ネクタイもあります。普通のネクタイと高級なネクタイにはどんな違いがあるのでしょうか。確認してみましょう。

ファッションアイテムであるだけに、ネクタイにおける素材の違いは製品の仕上がりおよび価格に違いをもたらします。ネクタイに採用されている素材は、ウールやカシミアのモノもありますが、基本的にはシルク100%が主流です。

普通のネクタイでもシルク100%の製品が多く、高級ネクタイではイタリア製シルクが採用されることが増えてきています。一方、格安ネクタイに関しては、ポリエステル素材を採用していることが多いです。

ネクタイでは型崩れを防ぎ、結び目を美しく見せるために生地の中に「芯地」を使用。高級ネクタイは芯地がしっかりしているので結び目がきれいになり、ほどいた時も復元力があります。

普通のネクタイと高級なネクタイでは縫製技術も違います。一般的なネクタイの製法は、芯地がついた1枚のシルクに強い圧力をかけて形成するというもの。

一方、イタリアの「セッテピエゲ(7折り製法)」は、芯地を使わず、正方形の生地を7つに折って作ります。ネクタイの縫製技術としては最高と評される製法です。高度な技術と手間を要するイタリア高級ネクタイの代名詞といってよいでしょう。

日本の高級ブランドは、イタリア製シルクを使って国内でハンドメイドするケースが多いです。

ネクタイのデザインは伝統的なモノやシンプルなモノが多いです。Vゾーンという目立つ箇所に着用するものだけに、デザインや配色などが雑だと目をひいてしまいます。

高級ネクタイの場合はデザインにもお金をかけていることが多いです。安いネクタイの場合は、素材の品質が低いことを補うために、デザインを派手にしていることもあります。

フェアファックスは1976年に創業のファッションブランド。伝統的なイギリスのメンズファッションを簡素化した「アメリカントラッド」をベースにして、トレンドをミックスしたTOKYO HIGH STANDARDをコンセプトにしています。高級百貨店バーニーズNY本店にも出店している世界的ブランドです。

フェアファックスで定番の人気モデルです。本製品の色はワインですが、ネイビーブルー・ラベンダー・シルバー・サックスなどカラーラインナップが豊富なのも魅力。素材はシルク100%で大剣幅8cmのレギュラータイです。

ビジネスシーンはもちろん、プライベートでもコーディネートしやすい汎用性の高さが魅力。ネクタイ選びに迷った時でも、選んでおいて間違いのないネクタイです。

フェアファックスで人気のフィッツジェラルドシリーズ。ミッドナイトブルーの基本色にダークグリーンとホワイトを配しています。本製品のビッグストライプは最近のトレンド。

剣先は1960年代に使われていた三つ巻仕様で仕上げています。芯地の先をスクウェアにカットしたアメリカンカットと共にクラシックなアメリカンテイストをアピール。芯地の先をスクウェアにカットしたアメリカンカットとともにクラシックなアメリカンテイストをアピールしています。アメリカントラディショナルとトレンドが融合した、フェアファックスのコンセプトを体現した高級ネクタイです。

フェアファックスのペイズリー柄ネクタイです。イタリア製シルクを日本国内で丁寧にハンドメイドした質感の高さが魅力。2色以上の繊維でできたメランジ糸を使用しているので、光沢がありグレーの深みがでています。

上品でエレガントなネクタイをお求めの方におすすめのネクタイ。ハリとコシがあるので、長く使うと柔らかく馴染んでくるのも魅力です。

1970年代にBIGI、MEN’S BIGIを設立し、高級感あふれるDCブランドブームをリードした菊池武夫のブランド。伝統的なスタイルをベースに現代的要素をさり気なく着こなす大人のためのファッションをコンセプトにしています。

タケオキクチオリジナルのアニマルモチーフタイです。素材はシルク100%で大剣幅8cmのレギュラーサイズ。深みのあるボルドー色が高級感と落ち着きを、ネコ柄がソフトで和やかな印象を与えています。

タケオキクチらしい都会的な遊び心を感じる逸品。20代から中高年層まで幅広い世代の方におすすめできる高級ネクタイです。

定番のおしゃれな「ペイズリー」柄を用いたタケオキクチのシルク100%のネクタイです。ネイビーをベースに色数を抑えた配色で、さまざまなスーツに合わせやすいのがメリット。

ペイズリー柄でも華美にならず柔らかい印象で、高級感があふれます。普段はシンプルなネクタイを使用している方にもおすすめできる高級ネクタイです。

1984年に創業したイタリア・フィレンツェの高級ネクタイブランドです。高度なネクタイ縫製技術「セッテピエゲ」を使ったネクタイが人気。しなやかで、立体感ある結び目が美しいネクタイを求めるなら、まずタイユアタイをチェックすることをおすすめします。

タイユアタイの古典的なドット柄のネクタイです。セッテピエゲとは、イタリア語で「7つ折り」を意味しています。芯地を使わず、通常の倍近いシルク1枚で仕立てた、まさに熟練の職人による高級ネクタイ。

スカーフを巻くようにネクタイを首に巻く、ふんわりとした感触が魅力です。光沢のあるネイビーにシルバーのドットが上品なネクタイ。高級感のあるネクタイをお求めの方におすすめです。

タイユアタイのトリコロールカラーのストライプネクタイです。タイユアタイの7つ折りの職人技セッテピエゲを使った、独特な風合いと巻心地を楽しみたい方におすすめの逸品。結び目がソフトで、ディンプルもきれいです。

ストライプはネイビーを主体にしたトリコロールカラー。落ち着いたデザインで、品のあるネクタイを探している方におすすめしたい高級ネクタイです。

1851年ロンドンの高級住宅街に開業したアクアスキュータムは、1897年には英国王室御用達に認定。その後トレンチコートを開発するなど、デザイン性のみならず機能性の高いウェアをリリースしています。ネクタイも高級感あふれるオーセンティックなデザインが魅力です。

アクアスキュータムの鮮やかなレッドのドット柄ネクタイです。全長は約150cmと長めで、大剣幅は8.5cmのレギュラータイ。素材はイタリアのシルク100%です。

本製品はインパクトのあるレッドなので、原色系のネクタイで自分を印象づけるために、ここぞという時に着用する「パワータイ」としてもおすすめです。それでも品位が落ちないアクアスキュータムらしい高級ネクタイ。ご自身をアピールしたい時におすすめのネクタイです。

イギリス連隊の軍旗を模した「ブリティッシュトラディショナル」特有の左下がりレジメンタルストライプ柄の高級ネクタイです。イタリア製シルク100%で大剣幅は8cmのレギュラータイ。

ネイビー地に細身のシルバーのストライプ、そして真ん中のホワイトがアクセントになった色使いは格調高く落ち着いています。オフィシャルなシーンにも対応でき、幅広い年齢層の方におすすめのネクタイです。

ジェイ・プレスはブルックス・ブラザーズとともに、イギリスのメンズファッションをシンプルにした「アメリカントラディショナル」を代表するブランド。1902年にニューヘブンで開業され、近くに名門イエール大学があったことから、合衆国大統領や弁護士といったエリート御用達の高級ブランドです。

アメリカントラディショナルのジェイ・プレスらしい、右下がりのストライプであるレップストライプのネクタイです。深みのあるグリーンとネイビーに、ゴールドのストライプがアクセントになっています。シルク100%で大剣の幅は8.5cmです。

定番のネクタイ柄なので、スーツ・ブレザー・ツイードジャケット、いずれにも合わせられるのが魅力。清潔感あふれる端正な印象で、就活生や若いビジネスマンにもおすすめの高級ネクタイです。

ジェイ・プレスの小紋柄ネクタイ。小紋はドーナツをモチーフにした刺繍によるデザインです。素材はなめらかなシルク100%を採用し、大剣幅8.5cmのレギュラータイ仕様です。

色は濃いグリーンをベースにしており、定番のネイビーやグレーのスーツにコーディネートしやすいというメリットがあります。上品で高級感あふれる光沢を放つ、おすすめのネクタイです。

1938年にニューヨークで創業されたメンズブランドです。イギリス伝統の紳士服をアメリカ流にアレンジしたクラシックアメリカンスタイルが特徴。「そよ風のように軽い」と評されるウールなど、素材と品質へのこだわりが強いことでも有名な高級ブランドです。

ポールスチュアート(Paul Stuart) ペイズリーシルクネク

ポールスチュアートのペイズリー柄ネクタイです。イタリア製シルク100%の生地を日本でハンドメイドしています。大剣幅は9cmのレギュラータイです。

華やかなペイズリー柄と深い色合いのエンジカラーの組み合わせが、華美になりすぎず上品な印象を与えます。ペイズリー柄に初めて挑戦するという方にもおすすめの高級ネクタイです。

ネクタイは、相手に自分をアピールするファッションアイテムといえます。それだけに、選ぶ時にはしっかりしたモノを選びたいところ。今回紹介したブランドの高級ネクタイはどれもシーンを問わず着用できるモノばかりです。ぜひ記事を参考に、自分にぴったりの高級ネクタイを取り入れてみてください。

エシカルでサスティナブルなファッション

最近ロイヤル・ツアーで訪れたオーストラリアのダボとニュー・サウス・ウェールズで、メーガン妃はサステナブルブランド「アウトランドデニム」のブラックスキニーデニムを着用。
メーガン妃が「アウトランドデニム」のアイテムを着たことによって、ブランドの売り上げが急上昇しただけでなく、カンボジアにある製造工場で30人もの新しい仕立屋を雇うことができた。
「メーガン妃のさりげなくも意思が伝わってくるこの服のチョイスは、売り上げの上昇とメディアの注目を浴びました」とUK版「エル」に話すのは、「アウトランドデニム」のコミュニケーションディレクターのエリカ・バートル。
メーガン妃のおかげもあり、カンボジアで働く若い女性社員は、実家に屋根をつけられ、 稲田を耕すことができ、そして強制労働されている親戚を助けることができた。エリカは、「1人の若い女性を雇うだけでも驚くべき結果を導きます」と話す。
「女性のエンパワーメントについて積極的に声を挙げる女性として、メーガン妃は当ブランドについて勉強されたと思います」とエリカは語った。
オーストラリアブランド「ヴェジャ」もメーガン妃の影響力を肌で感じ取ったブランドのひとつ。シドニーで行われたインヴィクタス・ゲームに出席したメーガン妃は、「ヴェジャ」のスニーカーを履いていた。
「ヴェジャ」は公正取引とその透明性で知られており、商品に使うコットンは有機農業を取り入れている農家からのみ。エマ・ワトソンやマリオン・コティヤールも愛用している。
環境を意識したマーケティングコンサルタント会社「エコエイジ」のマーケティング・アンド・コミュニケーション部の部長であるハリエット・ヴォッキングは、メーガン妃のエシカルでサスティナブルなブランドの着用は、購買や製作過程に比べようがないぐらい

ジェムセットベゼル手でロレックスヨットマスター

今年BaselWorld 2017で、我々は宝石セットベゼルで行われるロレックスヨットマスター40 116695 Setsのリリースを見ました。それはブランドの通常のファンのためのロレックスではありません、しかし、あなたがすでに誰か(私自身のような)ならば、Yosterflexブレスレットで非伝統的なヨットマスター40を評価して、若干のフラッシュを恐れていないならば、これはコレクションにある面白い腕時計です。あなたは、ロレックスYachtマスター40が戻って2015年に導入されたことを覚えています、そして、すぐに、それがそれから新しいゴムYosterflexブレスレットに来たという事実のために目立ちました。ブレスレットへの反応は、予想通り、混ざっていましたが、今年、YosterflexブレスレットでロレックスDaytonaのリリースで十分に人気がありました。
また、今年リリースされた非常によく行われた宝石セットベゼルで、このヨットマスター40だったが、この作品で見つける唯一の“典型的なロレックス”の特徴についてです。それを愛するか嫌い、その実行と品質は否定できません。
それは避けられないです、しかし、多くの腕時計狂は、貴重な石または宝石を時計の上に見ることに不運な膝蓋骨反射反応を持っています。私はそれのためにいくつかの理由があると思います:しばしば醜い宝石をちりばめた時計、不器用なアフターマーケットの仕事、何か“ブリン”(申し訳ありませんが、ウォッチのブログやフォーラムのコメントのセクションから自分自身を距離にするために不幸な願望は、私はまだ過去の10年のようにその単語を参照してください唯一の場所)です多くの工場がないという事実として、「ダイヤモンド爆発」でない宝石でなされる男性の腕時計を作ってください、さもなければ、あまりにあまりにあまりに出てきます。この作品が中国本土市場に向けられていることは明らかだが、これは欧米市場でも生き生きとしたメンズ・ウォッチとして見ることができると思う。
ロレックスYachtマスター40 116695 Setsは、38のサファイア(青、オレンジ、黄色とピンク)、8つのTsavorites(緑の宝石)と12時に1つのダイヤモンドでセットされる双方向回転ベゼルを持っています。それぞれの色と形の宝石の均一性は見るために素晴らしいです、そして、彼らが彼らの手首の上でこれらの腕時計のうちの1つを見つけることになっているならば、最も重要な憎しみさえそれを称賛しないと想像することができません。はるかに精巧でまれな日40の緑のエメラルドプラチナ腕時計について議論するとき、我々のデイビッドBredanはロレックスの宝石セッティングに入る仕事を議論します:
「色の宝石でセットされるモデル-ルビー、サファイヤ、または、このケースでは、Emeralds -ロレックスは、特定の時計のすべての石が同じ色合いであることを確実とする際に、特定の世話をします。そして、手で実行される長いソーティングプロセスの組合せを使用しています、ロレックスワークショップの石による石」。ロレックスのいくつかの洗練されたマシンのいずれかを使用してだけでなく、ロレックスは、通常独立した宝石学研究所で発見されたと言う。結果は本当に信じられない-もし1つの貴重な石や宝石に精通している、それは何百もの作品を何千ものソートを取ることは秘密ではない場合は、色のような完璧なマッチの石のベゼル価値を見つけるために。何かあれば、ほとんど(私はほとんど言いました)!あまりにも完璧に、率直に言って、私はこれまでの色や形のような完璧なマッチングは、すべての石が完全に人工的だった場合にのみ可能と考えた

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ