記事一覧

オメガのオーバーホールはどれくらいの周期で行えば良いの?

腕時計は細かなパーツが精密に組まれて動く仕組みの為、定期的なオーバーホールが必要です。これを怠ると次第に各パーツは悲鳴を上げていき、不具合へと繋がっていきます。こうなってくるとパーツは新しいものと交換しなくてはならず、オーバーホール以上に思わぬ出費へと繋がってしまいます。

オーバーホールは機械式時計にとって必要コスト!定期的にこれを行うことで、末永く腕時計を愛用できることはもちろん、必要以上の修理費用がかからなくて済むといったメリットがあるのです。

なお、機械式・クォーツ式ともにオーバーホールは必要です。ただしクォーツ式の場合は、一般的に機械式時計よりもオーバーホールの必要周期は長いとされています。

ではオメガの腕時計のオーバーホールは、どれくらいの周期で行えば良いのでしょうか。

オメガの腕時計は、製品やご使用状況によっても異なりますが、現行で「5~8年に一度」とメーカーから推奨されております。この期間内にオーバーホールを行うことが求められてきます。

なお、通常機械式時計は3~4年に一度のオーバーホールが推奨されることが多いです。しかしながらオメガの現行機械式時計は「コーアクシャル」と呼ばれる脱進機を使っていることが、周期を短くしているミソ。コーアクシャルは一般的な脱進機よりもパーツ摩耗が少なく、わずかな注油によって長期間高い精度を維持する優れものとなっております。

大人気新作!オメガ コピー スピードマスター ムーンウォッチ プロフェッショナル マスタークロノメーター 310.30.42.50.01.001

詳細情報
カテゴリ:オメガ スピードマスター(新品)
型番:310.30.42.50.01.001
機械:手巻き
材質名:ステンレス
ブレス・ストラップ:ブレス
タイプ:メンズ
カラー:ブラック
外装特徴:タキメーターベゼル
ケースサイズ:42.0mm
防水性能【公称】:5気圧
機能:クロノグラフ、耐磁
付属品:内箱、外箱、ギャランティー

陽極酸化処理が施されたアルミニウム製ベゼルリングには、実際に月面で着用された4thモデルのリングデザインに倣い、「ドットオーバー90」のデザインが採用されています。
こちらの【310.30.42.50.01.001】は、表側に強化プラスチック風防、裏蓋にはシーホースのメダリオンがエングレービングされたステンレスバックを採用。
ムーブメントには、METAS認定のマスタークロノメーターのキャリバー3861を搭載。

コメント一覧